TOP>エディケーションスクール

エディケーションスクール

ランチェスター経営戦略Lanchester management strategy

ランチェスター経営戦略とは

ランチェスター経営戦略とは、例えば「ブルーオーシャン」や「MBA」といった様々ある経営戦略の手法の一つで、経営戦略構築の際に、ランチェスター方程式を使用する事からランチェスター経営戦略と呼ばれるようになりました。また、方程式を軸に使用しながら戦略を展開する事から「経営物理学」と呼ばれる分野として理解されています。
ちなみにランチェスター方程式というのは、1914 年 10 月 2 日のイギリスでランチェスターという人が新聞で発表した「集中の法則・N2乗法則」という論文のことで、これが後に「ランチェスター法則」もしくは「競争原理の法則」と呼ばれるようになり、戦前の日本では第二法則が「戦力自乗の法則」という名称で、海軍や陸軍などで教えられていたそうです。
(だから、第二法則が適応される砲撃戦ではなく、第一法則が適応される接近戦の方が劣勢軍においては有利であるという曲解から近接突撃、すなわち銃剣突撃が推奨されました。都合のいい解釈ですよね。ちなみに、山本五十六も勉強していたので、航空戦を推奨したことは有名な話です。)

ランチェスター経営戦略の必要性

A1.「経営戦略はなぜいるのか ?」この問いは、私がランチェスター経営戦略を学び出してから、 非常に多く問われてきた問題です。そしてその答えは非常に簡単です。
皆さんは、山登りをする時に、どのような目的を持って山登りをしますか ?
体力を創る為だったり、仲間のコミュニケーションを深める為だったりすると思いますが、シンプルな答えとしては、山頂に達する為であるという所からスタートするのではないでしょうか ?
この行き着く先を設定していないと、ただ単に山の周辺を歩くだけになってしまい、山頂へとたどり着くことは非常に困難です。
経営も同じ、経営の行き着く先を設定せずに活動していると、確かに売り上げは経営戦略が無くてもある程度は上げることは出来ます。
ですが、ある一定の水準を超えたあたりから、どうしても限界が生まれるとともに、最初から設定して活動するのと、臨機応変に事業の計画を組み立てるとでは、5年後、10年後において大きな開きが生まれます。
だからこそ、事業を効果的かつ効率的に実施するために必要なのが、「経営戦略」なのであり、その「経営戦略」の流派の中で、私たちが採用しているのが、「ランチェスター方程式」を用いた「ランチェスター経営戦略」なのです。

楽学夢現が提供する多角的な経営戦略学習塾 
「ランチェスター MSB」「ランチェスター MBS」というのは、「Master Business Strategy」の略で、この戦略学校が全く異質の4カテゴリー(「ランチェスター経営戦略塾」「ランチェスター経営戦略研修」「ロジカル・コミュニケーション研修」「マナーズ講座」)から構成されており、これら性質の異なるものを組み合わせることで、様々な角度から経営戦略を複合的に学ぶことが出来ることから名づけられました。
つまり、スクール形式やディスカッション形式といった様々な手法や、単純に戦略知識の享受だけではなく、経営計画や事業計画のコンサルティングや、コミュニケーション能力やマナーズに対してのスキルアップといったカテゴリーを加えることでより厚みのある教育体系を構築することが出来るようになっています。
・また受講生の各能力を、より汎用性を高めるために、経済産業省が提唱する「社会人基礎力」の 12 項目をベースに置いた上に、我々が提唱する「戦略基礎力」を配置することで、より共通性と専門性の両者を表現できるようにしてあります。
そのことから、研修前におこなわれる適性検査では「社会人基礎力」を土台にした診断表記を行い、その結果を一般の方が見ても、共通の認識のもとでの診断結果であることからより公平性を高めたものになっています。また、事前に適性検査を行うことから、より的確なエディケーション・トレーニングを実施することが出来るようになっており、その事からより効果的かつ効率的な受講結果を導き出すことにつながっていくのです。
皆さんもぜひ一度受けていただき、戦略を自由に使いこなせるようになりませんか?

講座案内Actual guidance

1)【ランチェスター経営戦略塾】と、【ランチェスター経営戦略研修】

経営戦略」を学び、事業計画を構築できるようになるには「戦略基礎力」が必要であり、これは様々な能力によって構成されています。
その中で特に重要なのが、
①「構想」する発想力 ②「立案」する慧眼力 ③「計画」する計画力
といった三つの力なのですが、これら三つの力を高めるには様々な手法が必要となります。
そしてその手法は、受講する対象者の個々の能力と特性によって適する手法も異なっています。
また、受講生の中には、この「戦略基礎力」を社内や自己に求めるのではなく、私たちのような外部にこの能力を求め、事業計画策定に対しての、コンサルティングやアドバイスの身を求める方も当然お見えになられます。
だからこそ、私たちでは、様々な手法を準備しており、その手法を大きく二種類に分けました。
一つが、講義受講形式(スクール形式)による【ランチェスター経営戦略研修】
もう一つが、能力を引き上げる対話形式(コーチング)や問題点を一緒に解決する形式(コンサルティング)や単純に助言のみを行う形式(アドバイス)等を行う、【ランチェスター経営戦略塾】この両者のタイプのうち、どちらのタイプにするかは受講者の方との打ち合わせさせていただき、最も効果的かつ効率的な勉強会を構築していきます。

ランチェスター経営戦略研修 料金一覧表(法人様向・団体様向)

※なお、法人様会社においての出張開催時の交通費に関しては別途となっております。
※レジュメは無料となります。
※1単元:5,400円(消費税含)
※料金は目安です。ご相談に応じます。

「就活」編
受講回数(1回120分) 12回
合計受講費(1単元5,400円) 64,800円
「原則」編
「経営の原則」 「戦略とランチェスター経営の
目指すもの」
「戦略と戦術」
受講回数(1回120分) 6回 8回 9回
合計受講費(1単元5,400円) 32,400円 43,200円 48,600円
「戦略」編
「戦略とは?~戦略列伝~」 「基本戦略とN戦略」 「差別化と広報戦略」
受講回数(1回120分) 9回 9回 9回
合計受講費(1単元5,400円) 48,600円 48,600円 48,600円
「事業計画」編
「経営計画」 「独立起業」
受講回数(1回120分) 9回 9回
合計受講費(1単元5,400円) 48,600円 48,600円
「営業」編
「顧客戦略」 「営業戦術・新規開拓の進め方」 「営業戦略」
受講回数(1回120分) 6回 7回 7回
合計受講費(1単元5,400円) 32,400円 37,800円 37,800円
「純戦略」編
「財務戦略」 「地域戦略」 「商品戦略」
受講回数(1回120分) 7回 6回 6回
合計受講費(1単元5,400円) 37,800円 32,400円 32,400円
「組織」編
「組織戦略」 「営業リーダーのリーダーシップの高め方」
受講回数(1回120分) 7回 8回
合計受講費(1単元5,400円) 37,800円 43,200円
ランチェスター経営戦略塾 料金一覧(個人様向)

社会人:7,000円 学生:3,000円【コンサル含】

「就活」編
「原則」編
「経営の原則」 「戦略とランチェスター経営の目指すもの」 「戦略と戦術」
「戦略」編
「戦略とは?~戦略列伝~」 「基本戦略とN戦略」 「差別化と広報戦略」
「事業計画」編
「経営計画」 「独立起業」
「営業」編
「顧客戦略」 「営業戦略・新規開拓の進め方」 「営業戦略」
「純戦略」編
「財務戦略」 「地域戦略」 「商品戦略」
「組織」編
「組織戦略」 「営業リーダーのリーダーシップの高め方」

自分の受講したいものだけを選択して受講する事が可能です。
支払いはその都度1単元づつの支払いとなります。

ランチェスター経営戦略塾
「事業計画」「経営計画」コンサルティング
コンサルティング料金
「事業計画」:15万~20万(消費税含) 「経営計画」:5万~10万(消費税含)

2)ロジカル・コミュニケーション研修

表面的なコミュニケーション・トレーニングではなく実践で活かすロジカル・コミュニケーション
企業内にはグローバル社会や不況を乗り越える力が備わっています。
その

【社員個人が持つ『セルフイメージ』の書き換えが必須】
□自己の持つ仕事へのイメージ□特徴や強みの洗い出し□弱みや短所に隠れている能力の発掘ロジカル・マインド
【自己肯定感】
□仕事への価値□会社への信頼感□自己の存在意義

社員全員が同じ目標をもち、生産性を高く保てるような環境作りが実現

ロジカル・コミュニケーション研修 価格表
■個別カウンセリング
半日(カウンセラー1人派遣 4時間で8名以下対応) 1日(カウンセラー1人派遣 8時間で12名以下対応)
¥96,000- ¥144,000-
  • ・GLPA適性検査を元にカウンセリングを実施いたします。
  • ・カウンセリング報告書(実施修了後2週間以内)
  • ・上記金額以外に別途交通費並びに諸経費が必要になる場合がございます。
■GLPA適性検査 所見報告書
「GLPA適性検査」での所見/1人
¥4,500-
  • ・「GLPA適性検査」からの所見を報告書にてご連絡いたします。(実施修了後2週間以内)
ロジカル・コミュニケーション研修プラン
自己分析・自己理解 研修 傾聴・アクティブリスニング研修 リフレーミング・アサーション研修 自己と会社の融合GLPA研修
18万円 6h 受講15名まで 18万円 6h 受講15名まで 18万円 6h 受講15名まで 48万円 15h 受講15名まで

3)マナーズ講座

人間力の基本はマナーズです
マナーとは
マナー(manner)と言う言葉は一般に礼儀作法の事だと思われています。しかし英語のマナーには礼儀作法の意味はなく、やり方、方法。手段と言った技術的な《形》を指しているにすぎません。
マナーズとは
マナーズ(manners)には「なぜこうするのか」と言う道徳的な理由づけを含めた生活態度や動作(振る舞い)の規範を示す意味があります。
表面的なしきたりではなく、道徳の裏付けのある形にしてこそ礼儀作法です。
マナーとマナーズの違い
マナーが技術的な《形》を指すのに対し、マナーズは、振る舞いに籠められる《心のあり方》を意味します。
マナーズを極めると、心の底から向上心や向上意欲を持って励む事ができる人間力が身につきます。
マナーズ講座価格表
■基本料金
講習 基本料金
1回3時間以内 ¥350,000-
研修・講座 基本料金
1回4時間 5人まで ¥150,000-
1回4時間 15人まで ¥300,000-
■継続して身につけていただく、連接コース・連続コース
連接コース:【接遇連接講座】
茶菓・電話対応・来客・訪問など接遇全般を講義実習
連続コース:【話し方上達法連続講座】
・基本的な事柄から数回にわたって講義実習
・冠婚葬祭の全般を講義実習
講習実習 基本料金
1回4時間4週5人まで ¥450,000-
  • ・大阪市近郊無料
  • ・上記以外は別途交通費・諸経費をご請求させていただきます。

お問合せはこちら

ページトップへ